たいしょうのエンタメ日記

音楽・映画・お笑い・プロレス大好き人間のブログ

雨の日の傘の下のプライベート空間(晴れの日にはできないあれこれ) by 満島ひかり for 小沢健二

スポンサーリンク

f:id:bros_njpw_fulbloom:20180611230658p:plain

梅雨入りしましたね。

 

当然のことながら傘をさすことも多くなりました。

そんな時に思い浮かべるのがこの言葉。

雨の日の 傘の下の プライベート空間

(晴れの日にはできないあれこれ)

 

満島ひかりさんが小沢健二さんのアルバム『LIFE』と『刹那』を聴いて連想した言葉。

Apple TVの『Tokyo, Music & Us 2017-2018』の対談は実に素敵でお二人の感性が満ち満ちていた。

こんな表現が自然に生まれるなんて、流石!という感じです。

brosnjpwfulbloom.hatenablog.jp

  

この言葉を思い出すと、なんとなく憂鬱な雨の日もどこか楽しめる気がします。

 

 

こんな雨降りの時。

ぼくは最寄駅(とはいえ徒歩40分)までバスなど使わずに傘を広げて歩く。

なぜなら傘を広げるとその瞬間に、プライベート空間が生まれるから。

ぼくはそのために大きな傘を使っています。真っ黒の。

 

小さい透明なビニル傘なんてもったいない。

(突然の雨には使いますが。)

そんな傘を開いても、そこは外から丸見え、オープンな空間。

 

色のついた傘は、プライベート空間を生み出す。

それは当然のことながら、晴れの日には生まれない。

自分の家の中とも違う空間。

オープンだけど閉ざされた空間。

 

そんなプライベート空間では、外にいながら心も体も自由。

(少なくとも片手はふさがり、できることは限られますが。)

 

ぼくはそこで、

音楽を聴く。

特に雨が登場する歌。

オザケンさんなら『愛し愛され生きるのさ』とか。

人目を気にしない分、ちょっとノリノリだったり。

 

ラジオを聴く。

黒い傘の下、人目を気にせず笑ってみたり。

 

何もせず考え事して歩く。

詰まっていた何かが、ぼくを縛っていた何かが解けたり。

 

傘の下も悪くない。

大きくて真っ暗な傘の下、その空間で過ごす梅雨が今年も始まる。

 

こちらもオススメ

 

brosnjpwfulbloom.hatenablog.jp

 

 

brosnjpwfulbloom.hatenablog.jp

 

 

brosnjpwfulbloom.hatenablog.jp

 

 

brosnjpwfulbloom.hatenablog.jp