徒然なるままに。エンタメ日記

音楽・映画・お笑い・プロレス大好き人間のブログ

中毒性絶大!!POLTAのオススメ楽曲5選

スポンサーリンク

普段はもっぱら福山雅治、高橋優、藤原さくらなど、シンガーソングライターを愛聴する私が人生初、とあるバンドの虜になってしまいました。その名も『POLTA』。今回は、そんなPOLTAについてご紹介します。これを読めばあなたもきっと、POLTAの魅力に取り憑かれていくことでしょう!オススメ楽曲まとめも掲載してます。

POLTA

Vo.Gu.尾苗愛さんとBa.ふくだ傑さんからなるユニットです。お二人それぞれが作詞作曲を担当しており、POPな曲調とリスナーの共感を得られるような等身大の歌詞が非常に特徴的です。代表曲『遠くへ行きたい』『ロマンス』など。


POLTA『遠くへ行きたい』MV

なっちゃんはまだ新宿

https://www.instagram.com/p/Bc2KKY6lGDZ/

『なっちゃんはまだ新宿』CAMPFIREで製作費を募ってた時から気になってはいたけど、すごく不思議な映画だった。映像と音が別撮りだったり、カット割が独特だったり、良くも悪くも違和感。上映後のトークショー然り、終始サブカル感が漂ってた。そして自分と同年代の監督も珍しい。ものを生み出し発信する障壁が確実に無くなってきてることを実感した。#なっちゃんはまだ新宿

そもそもなぜ、わたしがPOLTAに出会ったのか。それは、ある映画がきっかけでした。 『なっちゃんはまだ新宿』 映画鑑賞が趣味のわたし。 その作品に、POLTAのお二人も本人役で出演。そして、劇中はPOLTAの楽曲が多く登場して物語が進んで行きます。 昨年、鑑賞して以来、POLTAの楽曲が頭から離れないんです。

https://www.instagram.com/p/Bd5ICMnlP-_/

『なっちゃんはまだ新宿』2回目あらすじが分かって、POLTAの曲を聴き込んだ状態で観ると、より一層楽しめた。前回観て以来、POLTAにどハマりしてしまい、上映後にVo.尾苗さんから直接、CDとライブチケットを衝動買い。ミニライブも良かった。劇中、福山さんの『THE BEST BANG!!』の特典タオルが登場していることに気が付きました。首藤監督が病欠だったので、その真相は聞けず。どなたかがファンなのかな。#なっちゃんはまだ新宿 #POLTA#シネマロサ #bros1991

そして年が明け、都内での上映再開後、2度目の鑑賞。

POLTAの世界観や楽曲について、知る前と知った後では感情移入の度合いも全く違いましたね。その日は、上映後にPOLTAによるミニライブもあり、幸せな時間でございました。

中毒性絶大。POLTAオススメ楽曲5選

1.宇宙

コチラは1st.フルアルバム『SAD COMMUNICATION』収録曲。POLTAの中でも、古くからあった曲だそうです。尾苗さんの柔らかな歌声と、リズミカルなフレーズがとにかく印象に残ります。会いたい人にも会えない現実、それを克服するような前向きな気持ちも、それを乗り越えられない悔しさも、聴くシチュエーションによっていろいろな感情が湧き出てくるような一曲。

2.すみっこがかり

コチラも『SAD COMMUNICATION』収録曲。今回ご紹介する楽曲の中では、一番POLTAのバンドらしさが前面に出ているのかなと感じています。タイトルの通り、友達と呼べる人も少ない、集団の中では、いるのかいないのかも分からないような人(わたしも同じく)をテーマにしていて、フレーズの間に入る「で?」が非常にリズミカルで中毒性がすごくある一曲です。

3.キルト

ミニアルバム『HELLO AGAIN』収録曲 題名の通り、柔らかいメロディと大切な人をテーマにした歌詞がどこか懐かしさも感じるような一曲です。『なっちゃんはまだ新宿』の監督である首藤凛さんが製作したMVのDVDが最新アルバムの購入特典としてついてきました。こちらも、楽曲の内容をストレートに反映した、すごくいい作品です。

4.さいごのドライブ

1月17日に発売された2nd.アルバム『LOVE TO DIE』の収録曲。アルバムのトップを飾るのにふさわしい一曲です。好きな人を思うことがテーマの歌詞のまっすぐさをPOLTAならではのサウンドと疾走感に乗せて、とにかく耳に残る中毒性のある楽曲です。

5.ラストストップ

コチラも『LOVE TO DIE』の収録曲。 そして、『なっちゃんはまだ新宿』の挿入歌です。POLTA史上初の書き下ろし曲。 映画のテーマに沿って、心の中や周りにいる理想の人に対する思いや葛藤を描いた一曲です。 聴くと映画を思い出してついつい泣けてきます。

最新アルバム『LOVE TO DIE』発売中

そんなPOLTAのNewアルバム『LOVE TO DIE』が1月17日に発売されました。先ほどご紹介した『さいごのドライブ』と『ラストストップ』も収録されています。実は、今作から自主レーベル『ほたるいかレコード』からの発売。これまでの作品でテーマとされてきた、「スクールカースト最下層」からの卒業と銘打って、様々なテイストの楽曲たちがラインナップされています。

リリースイベント

今作の発売を記念して、各所でリリースイベントが行われるようです。簡単にご紹介します。

インストアライブ

◎[1.29]タワーレコード渋谷店

◎[2.22]HMV & BOOKS SHIBUYA

◎[3.11]富山フューチャーシティ・ファボーレ「太陽の広場」

各イベントの詳細は以下のHPをご覧ください。

[2.27]リリースパーティー “IS CONNECTED scene 6”

POLTA史上最大のキャパシティの会場。渋谷WWWで開催されます。

もちろん私も参戦させていただきます。バンドのライブを鑑賞するのも初体験。今からドキドキです!

 

POLTAのことをもっと知りたいと思った方は、POLTA Official HPをチェック!!