たいしょうのエンタメ日記

音楽・映画・お笑い・プロレス大好き人間のブログ

【ネタバレなし】『友罪』瑛太の怪演、それを支える生田斗真、淡い花をもたせる夏帆

スポンサーリンク

「心を許した友人が17年前に起きた残忍な殺人事件の犯人、少年Aだった。」
このセンセーショナルなキャッチコピーが気になり鑑賞。
しかし、物語の大きなテーマは上記であるが、本筋はもう少し大きく広いものであった。
この作品に登場する人物は、ほとんどがそれぞれ何らかの罪の意識をもっている。
そして、その罪とどう向き合うか、罪を自覚した上でどのように生きていくのか。その葛藤が描かれている。

何より、この作品全体を通して目を引くのが、少年Aである佐藤を演じる瑛太の怪演である。
少年時代に起こした猟奇的な殺人事件、その時の感覚をどこか引きずったような他人からは受け入れがたい挙動が絶妙。とにかく不気味である。
それでいて、町工場の同期として共に暮らし働く益田(生田斗真)に少しずつ心を許していく様は、どこか憎めず、彼が過去のことを置いて今を生きていることを示している。

佐藤と暮らしながらも葛藤を続けるのは生田斗真が演じる益田である。
前職は雑誌の記者であった益田。佐藤と少しづつ距離を埋めて友として過ごすが、あることがきっかけで佐藤の秘密を知ることとなる。

益田自身も、中学時代に友人を自殺に導いてしまったという自責の念が抜けぬまま、大人になった今も毎晩のようにうなされている。
佐藤と益田、事の重大さや社会への影響は違えど、お互い、どこか似ている、分かりあえるのではないかという思いが二人を繋ぐのであった。

この物語に唯一といってもいい、主要な女性として登場するのが夏帆演じる藤沢である。
彼女は罪ではなく、隠したい過去と逃げ出したい現実をもつ。
決して綺麗な花ではないが、劇中に淡いアクセントをもたらしており、個人的に非常に注目すべき人物であった。
佐藤と出会った藤沢。佐藤が、自分の過去の闇から救ってくれた。そう思っていた矢先、あることが起き、藤沢の感情を揺るがす重大な事象に発展する。

 

と、これまであらすじを紹介したが、この作品、とにかくメッセージ性が強い。そして多い!
1度観て、状況やあらすじを把握した上で、再び観直すと作品がもつ力をより鮮明かつストレートに感じるのではないだろうか。

https://www.instagram.com/p/BjXLXC0Frdx/

『友罪』朝から少し時間ができたので。「心を許した友は、あの少年Aだった」ということで、この2人だけにフォーカスしたストーリーかと思いきや、様々な罪の意識をもった登場人物たちがそれとどう向き合うかという思いのほか広いテーマだった。全体的にぼやっとしてあまり好みではなかった。それにしても終始、瑛太さんの怪演が目を惹く。#友罪 #瑛太 #生田斗真



と、内容の重さ故に、珍しく畏まった文体となりました。